読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもり主婦 音々奏の日常

引きこもり専業主婦 頑張らないシンプルライフ


30代だけど終活セミナーに参加してみた。遺されたペットたち。

こんにちは、引きこもり主婦音々奏です。

 

前回終活セミナーについて書きました。

 前回記事はこちら

neneka.hatenablog.com

 

 

 

その中で話があった「遺されたペットたち」について。

 

人間に対して遺したい物は、遺言書などで遺すことができます。でも、日本ではペット自体に遺す事はできません。法律上ペットは「物」扱いだからです。

 

万が一、飼い主やお世話をしている家族に何かあったらどうするか考えておられますか?長期入院やお世話して行く事自体が厳しくなったら・・・。

 

我が家は文鳥を飼っていますが、夫婦で飼っているのでどちらかが元気な間はなんとかなります。でも、鳥よりも先に飼い主に何かあった時どうしたらいいか悩んでいました。

近くに姉が住んでいるので、2,3日の短期間だったらお願いできます。でも1週間以上はさすがに仲良くても気が引けます。

 

そこで、終活セミナーの中で紹介されたのが「ペット信託」でした。

 

ペットのためのお金(飼育にかかるお金)を信託契約を結ぶと、新たにお世話してくださる方にそのお金を渡してもらえます。それだけじゃなく、監督人が正しく飼養されているか見てくれるので安心です。

 

ペット信託は犬猫だけじゃなく、鳥や小動物も対象になるそうです。全国に専門家がいます。公式HPに分かりやすく書いてあるので見てみてください。

fasa-animal.or.jp

 

 

いきなりペット信託の契約を結ぶのは大変なので、まずは出来る所から。

 

f:id:neneka224:20170214221148j:plain

 

ペットのための愛情整理ノートを購入しました。

 

内容は犬猫用ですが、書ける項目だけ書いていきます。

  • プロフィール 2ページ
  • ルックス 2ページ
  • トリミング 1ページ
  • 健康 4ページ
  • 性格 4ページ
  • 生活 3ページ
  • 伝えたい事・メッセージ 2ページ

 

かなり細かく項目設定がされてます。お世話する際の注意点なども書き込め、読む側も分かりやすくなっています。

 

1冊1,000円と、少し高いかなとも思いましたが、内容見れば納得です。

 

記入してみて、鳥をちゃんと見てくれる病院も早めに見つけて、元気なうちに診察受けておかないといけないなぁと思いました。

 

以前1度病院に連れて行った事があるのですが、素人の私でもわかる事しか聞いても答えてくれなかったので、今度は検査もしてくれる病院を探します。そしてもう少し日中の気温が温かくなって連れていこうと思います。